ホーム

トモタケの写真日記

ようやく紅葉

  • 2016年12月11日


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2

ようやく庭のイロハモミジが紅葉した。
我が家の植物はいつも一足おそい。

本日の床間 寒菊3

  • 2016年11月27日


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2

畑のお隣さんから頂いた菊。

岐阜へ  オゼキ、みんなの森、つばめや

  • 2016年11月19日


::Gifu/Gifu :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Gifu/Gifu :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4

オゼキでイサムノグチ展をやっているとのことで
岐阜へ。

ついでに
みんなの森 ぎふメディアコスモス
つばめや
をハシゴ。

帰って、つばめやのお菓子で珈琲タイム。

本日の床間 寒菊2

  • 2016年11月12日


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2

葉っぱが枯れて、花が満開になった。

庭asobi


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4

無量塔に行って人生観が変わったというナナの提案で
青空の下で読書をすることに。

場所は・・・
出かけるのもあれだしということで庭。

早速、庭にテーブルを運び出してピクニック気分。
寝転がってみると、近所の神社の木に集まってくる鳥の囀りや透き通る空。
その青いキャンパスに時折、端から端まで駆け抜ける鳥や蝶、たまに飛行機の光。
いい場所みつけた。

その後は珍しく畑の収獲に参加。
ナスもピーマンもそろそろ終わりだねぇ。

本日の床の間 寒菊

  • 2016年11月7日


::Ajima/Aichi :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2

畑で咲き始めた寒菊を拝借。

毎年、この菊を見ると寒くなってきたなぁと感じる。

由布院 山荘無量塔 2日目

  • 2016年10月30日


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4

山荘無量塔 2日目の朝。

清々しい空気が流れていて、普段しないような朝の散歩をついついしてしまう。
朝食後もやっぱりTan’s Barに入り浸り。

無量塔さん、素晴らしい経験をありがとう。

そして、ナナさん誕生日おめでとう。

由布院 山荘無量塔 1日目

  • 2016年10月29日


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 16-35mm f2.8


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 16-35mm f2.8


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 16-35mm f2.8


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 16-35mm f2.8


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 16-35mm f2.8

ナナの40歳の誕生日と出版祝ということで憧れの山荘 無量塔へ。
今まで苦労をたくさんかけてきてしまったので
めでたいことが重なったこのタイミングにせめてもの罪滅ぼしと
これからの活躍を祈念する想いで奮発をした。
(自分が行きたかっただけというのはここだけの話w)

チェックインをして一通り説明を受けると
特にTan’sバーが気に入り、何度となく入り浸ってしまった。
ナナも色んな思いから感極まって泣き出す始末。
気がつけば1日4回と存分に味わせて頂いた。

別次元の空気が流れる「特別なスペース」に時折出会うができる。
勝手な推測だけど、お金を単純にかけるのではなく、
手間暇工夫、苦労努力で磨かれる想いを積層された空間に何かが宿ると思っている。
今回、気にいったTan’s barにもそれは流れていて、今までと色味?が違うようだけど
紛れもない「特別なスペース」がそこにあることを感じた。

壁から吊られて空間の真ん中に鎮座する巨大なスピーカーは
カーネギーホールで使っていたというウエスタンエレクトリックの
16Aホーンというマニア垂涎の銘機で迫力が全く違う。
創業者、故・藤林晃司氏が相当な音楽好きだったようで
音楽の美術館を作ってしまうなどスケール感が一般人とは全くもって違うのかもしれない。

藤林氏の感性と哲学とのバランス感覚は絶妙なものであって
素晴らしい世界感を山荘無量塔は提供していると感じる。
短い期間だったけど、この節目に素晴らしく、
刺激的な経験をさせてもらえたことに深く感謝したい。

自分が40歳になる節目には何かを初めてみたいと思う。
あと3年とちょい。

由布院 アルテジオ


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Yufuin/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4

午前中のうちに由布院に移動。

早速、無量塔ワールドにどっぷり。
もちろん、昼食はMurata 不生庵でおそば。

別府 柳屋2日目


::Beppu/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4


::Beppu/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 50mm f1.2


::Beppu/Ooita :: Canon EOS 5D Mark IV/ 35mm f1.4

午前中、別府をふらり散策。
1週間くらいゆったりと過ごしてみたいと
夢のまた夢のようなことを思ってみた。

ホーム

カメラとレンズ

EOS 6D
フルサイズの画像素子を使った小型軽量なデジタル一眼レフ。美しいボケが欲しいならこのカメラです。高感度もよし。色もよし。

BG-E13
バッテリーグリップ。立て位置も取りやすくなるし、大きなレンズとのバランスもよくなるので愛用してます。

Canon EF 16-35mmF2.8L USM
広角の明るいレンズはたまりません。広角開放は味があります。

Canon EF70-20mm F2.8L IS

結局、ニッパチISに戻りました。ズームは軽さより性能なのか!?

Canon EF35mmF1.4L USM
独自のボケがタマリマセン

【送料無料】キヤノンEF50mm F1.2L USM【smtb-u】
Canon EF50mm F1.2L USM
柔らかいボケ。味ある描写です。


Canon EF85mm F1.2L USM
とろけるボケ。重いです。





ドンケF-2

ちょっと機材が多いときにF-2が役立ちます。これでもかってくらい入ります。





カウンタ

Powered by SEO Stats
にほんブログ村 写真ブログへ
ブログランキング
JOY
検索
整理収納

ページの上部に戻る